メルマガURLクリック分析機能とは

メルマガのURLクリック分析機能とは、メール内に記載したURLを読者がクリックしたかどうかを分析することができる機能です。

 

どの読者がどのリンクをどの時間にクリックした日まで追跡することができるので、その情報を集めていくことでマーケティングに役立てることができます。

 

例えば、

  • 朝配信した方が良いのか
  • 昼に配信した方が良いのか
  • 夜に配信した方が良いのか

などメルマガ読者の反応が良い時間帯を把握することができます。

 

配信しているメルマガの分野によって、配信したメルマガを読む時間帯はある程度予想することができます。そして、時間帯が分かってくれば、読者層はどんな人が多いのかを予想することもできます。

 

 

仮に、あなたがパン屋のメルマガを配信しているとします。

 

早朝の仕事前に読んでいる人が多いのか、お昼休みに読んでいる人が多いのか、仕事終わりの時間帯に読んでいる人が多いのか、帰宅した後の深夜に読んでいる人が多いのか、で今後の配信を考えることができます。

 

そこで、早朝の仕事前に読んでいる人が多いとしたら、「通勤時間にチェックして仕事前にお店に立ち寄って買おうと思っている人かもしれない」と仮説を立てることができます。

 

そうなれば、朝立ち寄ってゆっくりと商品を選んでいる時間がない人もいるので、一部の商品を「包装してすぐに購入できる」ようにしてもいいかもしれません。その包装しているパンを日替わりにして、メルマガで告知することもできますよね。

 

もしかしたら、早朝にメールをチェックしてお昼休みに買いに行こうと思っているかもしれません。そのような仮説を立てた場合は、お昼頃に焼きあがる予定時間をメルマガで告知することでもいいですよね。

 

そんな仮説を立てて販売戦略を考えたとしても、「買いに来てくれた人がメルマガ購読者かどうかわからない」と考える人がいます。

 

購読者かどうかを知りたいなら「メルマガ特典→メールを提示してくれたら50円引き」とすればいいわけです。

 

これらはほんの一例ですが、このようにクリック分析機能をマーケティングに役立てることをしていくことで売上げを伸ばすことができます。

 

 

また、メルマガのURLクリック分析機能を使えば、メルマガ本文内の複数あるURLの中で、

  • メルマガ本文の冒頭部分の方がクリックされるのか
  • 文中の方がよくクリックされるのか
  • 文末の方がよくクリックされるのか

など、あなたの今後のメルマガ作成に役立てることもできます。

 

このメルマガURLクリック分析機能がないと、今読者がどんな状態なのか、メルマガを読んでくれているのかどうか把握することができません。そのためこの機能は非常に重要な機能です。

 

なぜなら、メルマガを配信している本来の意味としては、そのメルマガを読んだ後にアクションを起こしてもらうことだからです。

 

 

どんな情報発信でも、最終的には何かしらの行動をしてもらうことが目的です。

 

例えば、あなたのショップのメルマガを見て来店してもらうことや、商品の紹介ページにアクセスしてもらうことなど、何かしらのアクションをもらうことが大切です。

 

余程の理由がない限り、このメルマガクリック分析機能が付いているメルマガ配信システムを選ぶことを当サイトではおすすめしています。

 

メルマガ配信システム選びに役立つ「基本的な機能解説ページ」